投稿

それでも、グローバルブランディングに取り組む理由

イメージ
今から6年前、起業して間もない私は、
東京にある大手電機メーカーの会議室で、責任者を含む5名の前で、
スライドを進める指と声を震わせながら、海外向けのPRについて提案していた。


会議室に入った瞬間からの疑い深い視線を、
できるだけ見て見ぬ振りし、気づかないように、負けないように、 全力で動き、考え抜いた提案に集中することに必死だった。

起業して6年経って考えてみれば、
感謝を伝えきれないほど、クライアントの皆様に、 とても大きなチャレンジの機会をいただいてきた。

あの頃の私は、理想論の提案が先行し、
企業側のリソースや、体制、スキルセットなど、考える余地もなかっただろう。


様々なプロジェクトを通して、 クライアント企業にもメディアにも、時には寛容に、時には厳しく、 成長の機会をもらって、育ててもらってきた。


ちょうど『これからはグローバルに存在感を確立していかなければいけない』という 経営層の考えも、起業して間もないAaltoの成長の追い風になった。

当時からPRプラットフォームの責任者をしていたこともあり、
海外のメディアの情報やネットワークが集まる輪の中にいたことが、 この数年間のAaltoの基盤を支えてきた。



企業と海外の間にAaltoが存在する
私がAaltoを通して取り組んでいることは、 『企業のブランド認知、理解浸透をグローバルで拡大すること』


グローバルブランディングに取り組んだ結果、 海外における事業活動や営業活動を支え、 その企業の事業や製品の、海外市場での展開を促進することであり、 それによって、企業が世界に生み出す価値をもたらしていく、
その一助になることだ。

そのためには、まず、企業の経営戦略から、企業の向かっている方向と、 企業の根っこにある強みや特長を把握する。


次に『それをどうやって伝えるか』 コミュニケーションの対象の海外市場や対象の人々を分析し、 限られたリソースの中で何ができるかを考える。

企業のブランディング チームとともに、
その企業の場合の最適な手段は何かを選択し、 伝える内容や、海外市場のしかるべき人たちに、伝え、 それがどうだったかまで分析して、またアクションしていく。

海外展示会のメディアPR活動での個別取材対応

イメージ
こんにちは。Aalto 福井です。

今回は、海外展示会に出展する企業のPR活動の準備について。
なかでも、個別取材の対応に関して、というちょっと広報マニアックなトピックです。


海外展示会に出展される企業の相談を受ける中で、
『展示会に大きな投資するのに、ただ出展するだけに終わっていて、もったいない!』 と思うことも多々あるので、
海外展示会で、どうやってメディアPR活動を実行するのか、
私たちが取り組んできたことをふまえて、
企業の広報担当者向けに共有したいと思います。


『展示会の現場でもしかしたら、メディアに取材されるかも..!』
という淡い期待をしている企業も多いのですが、なかなかそうはいかないのが現実。

現地に強い海外企業が先んじてPR活動に動いている場合がほとんどで、
メディアの取材というのは、なかなか偶然には発生しません!


前回のブログで、海外展示会での広告手法に関して紹介しましたが、
業界でニュース性のある製品の出展が決まっている場合に有効です。



業界メディアを把握(遅くとも3ヶ月前) その業界で事業を展開していれば、その業界のメディアや雑誌を購読していることも多いでしょう。
特に、展示会が開催される国の業界メディアは、 業界展示会をカバーすることがほとんどなので、 現地支社の事業担当者や営業担当者に、業界のメディアを確認することから始めます。
「その市場の顧客がこのメディアを読んでいる」という情報ももちろん重要です。
また、オンラインでざっと検索してみて、 過去にその展示会の特集をしているメディアを見つけることもできます。
情報を収集したら、 メディア名、サイトリンク、発行部数や月間訪問数、読者層などを 確認しておきましょう。
業界メディアは、月間訪問数などは多くはないですが、 その読者層は、ビジネスに関連する意思決定者が多い場合もあるので、 数だけではなく、質の把握も重要です。
海外展示会の広告手法のブログで紹介した通り、 オフィシャルメディアパートナーも業界で重要なメディアと言えるでしょう。
メディアに紹介できる内容をまとめる(2-1ヶ月前) プレスリリースの準備の段階で、 事業部や営業担当が用意しているブース出展企画書から、 何をメディアにPRできるのか、要素をまとめていく作業に取り組むと思います。
その際に、メディアに取材してもらうとすれば、 ・ブースで何を紹…

技術企業のための押さえておくべきドイツビジネスメディア

イメージ
製造業企業にとって、Industry 4.0を掲げており、
自動車や産業機器の市場でもヨーロッパでメインとなる
ドイツを重点市場に置いている場合が多いかと思います。

ヨーロッパにおける展示会でも、
Hannover Messe(産業機器)、モーターショー IAA(自動車)、
boot(マリン)、BAUMA(建設機械)、K(プラスチック)など、
国際的に重要なイベントがドイツ国内で開催されています。

ヨーロッパの中でも、ドイツは、
産業分野では、まだ紙ベースのメディアが読まれているということや、
ライターがエンジニアの経歴を持っていることが多く、
詳しく技術に関して掘り下げた記事や広告展開が求められる、などの
特徴があります。

ビジネス展開や、展示会やに合わせて、
ドイツ向けの広告出稿のプロジェクトも多くあるため、
日本企業のニーズの多いドイツメディアをまとめてみました。


Handelsblatt / ビジネス雑誌
なんといっても、日本でいう日経新聞のような存在にあたる
ドイツの経済紙が Handelsblatt。新聞版とデジタル版があります。
デジタルでは、ドイツ語版とグローバル版のサイトがあります。

ビジネスの意思決定者層への訴求に展開する企業が多く、
ドイツ市場に展開する日本の技術企業の話題もカバーしています。






Capital / ビジネス雑誌
ビジネス雑誌では、Capital 月刊雑誌とデジタル版があります。
発行部数は、136,819 (IVW 4/18)



VDI nachrichten / エンジニア向け新聞

VDI nachrichtenウィークリー新聞、デジタル版もあります。
ドイツのエンジニア向けのテクノロジーに特化したメディアです。
発行部数 145,488 (IVW IV/2018)


他にも、それぞれの産業界に特化したメディアがありますが、
また業界ごとに紹介したいと思います。

今回はこのあたりで。
それでは、また。


- Mariko Fukui 海外メディア戦略 / コンサルタント PR会社、海外事業会社などを経て、ヨーロッパと日本を拠点に、日本企業の海外情報発信の戦略構築や人材育成のコンサルタントをしています。海外メディア広告、PR、海外展示会など、主に大手製造業のコーポレートコミュニケーションを担当しています。まだまだ日本企業での海外PRの専門家の育成はこ…

海外展示会出展での広告メディアの活用方法

イメージ
今回は、海外展示会出展時のメディアの活用に関して、まとめてみました。
「海外展示会で出展するのですが、 来場者に自社を知ってもらえる方法はありませんか?」 という相談をいただくことがあります。 海外展示会で、ブースでの販促活動を除く情報戦においては、 PRや、広告の手法があります。 発表内容に業界におけるニュース価値があれば、 記者会見展開などでPRの手法が活用できます。
しかし、同じタイミングで海外企業もPRを実施しているため、 露出するかどうか、内容や時期をコントロールすることはできないこと、 あまりにも海外で知名度がない企業がPRを実施しても、 掲載がない..という厳しい現実があります。 (海外展示会におけるPRに関しては、またの機会にブログに綴ります) では、広告の手法ではどうなのか、ですが。 編集部の視点が入った記事ではありませんが、 企業の伝えたいメッセージを決まったタイミングで展開することができます。 展示会の広告では、一般的には ・展示会の主催社が提供する会場内のスペースや発行物などでの広告 ・パートナーメディアでの広告展開 などがあります。 展示会の主催社が提供する会場内のスペースや発行物などでの広告
会場内の歩道やスペースにおける広告露出の機会を得ることができます。 主催社に広告部門があるので、出展企業は問合せてみると提案を受けることができます。
パートナーメディアでの広告展開

パートナーメディアとは、展示会の主催社公認のメディアで、 会場内で取材をしたり、展示会の特集記事コーナーを設けています。
これらのメディアを通して、 来場者、来場できない人も含め、 業界での発表内容に関心のある人に、訴求することができます
また、展示会によっては、会場内で記者が取材し、 展示会で見つけた面白い製品を紹介し、 翌日来場者に配布するメディアがあります。
そのような配布メディアは、来場者が手にとって読む可能性があり、 そこへ広告展開を通して、会社や製品を紹介することで、 来場する人々に手にとってもらい、目に触れる機会を作ることができます。

Hannover Messeの場合
例えば、4月に開催されるHannover Messeでは、 ドイツの大手老舗メディアVogel社から出される MM maschinen marktが会期のうち、 1日3万部×5日間=合計15万部の日刊新聞…

ヨーロッパの旅行メディアで観光プロモーション

イメージ
こんにちは。フランスから、Aalto福井です。
3月よりフランスに異動し、ヨーロッパの業務に取り組んでいます。
日本との時差の関係で、夏時間になるまでは、
8時間差の日本寄せの早朝からの勤務ですが。
フランスで取り組んでいる活動はというと、ヨーロッパのメディアとの取引。
ヨーロッパ現地時間で働くことで、
メディアとのアレンジが、小回りのきく形になってきているように感じます。























ちょうど手元に、フランスの旅行ガイドブックでも有名な、 petit futé が届いたところで、
今回は、ヨーロッパの旅行分野のメディアに関して、 少しハイライトしてみたいと思います。

フランス、ドイツ、イギリス…など、夏に長期休暇を取得し、 家族で海外に滞在することの多いヨーロッパの人々。
こちらの人々からすれば、 日本は、行ってみたい国のひとつ(再び行きたいというファンも多い)ではありますが、 では、どの場所に行くのかというところで、 まだまだ日本各地の地名を上げる人は多くはないというところ。

Aaltoは、日本の観光地、都市、ガストロノミー、観光関係企業などの プロモーションプロジェクトにも携わっています。
海外の旅行メディアでの記事広告制作、展開、オンラインマーケティングを実施したり、 都市や観光地プロモーションのプロジェクトでは、 記者の招聘の実施など、コーディネートしています。

ヨーロッパの旅行メディアは、 有名な観光地を紹介するだけではなく、 その観光地の歴史や、文化、伝統行事、現地のグルメなどを 特集することを重視しています。
記者の招聘実施に関しても、 詳しい歴史や文化の情報提供を求められます。
メディアの選定としても、 観光地紹介よりなのか、自然・アクティビティ、アートや文化、食よりなのか、 発信したい内容によってメディア選定が重要です。
一例ですが、
海外の旅、観光、アート、アクティビティ旅などの分野では、 下記のようなメディアがあります。

イギリス(英語) Lonely planet(各地版があります)
Wanderlust
Another Escape
Timeless Travels
フランス(フランス語) Petit Futé
GEO France Routard

ドイツ(ドイツ語) GEO Saison
National Geographic Traveller
Japan Diges…

国際間コミュニケーションというテーマ

イメージ
日々全力で走っているなか、ふとしたきっかけで、
なんでこの仕事をしているんだろうと思い返すことがあります。

私達は、海外向けのコミュニケーション戦略や広告を展開していますが、 私たちの仕事のまんなかにあるミッションは、
『日本と海外を繋ぐ』ということ。 創業当時から、変わらずにここにあります。

これほどにも外国に行きやすくなり、 情報を入手しやすくなっている世界の土台があっても、 まだまだ、繋がっていない。
伝えるべきことが、伝わっていない。 伝わって、そこから生まれるべきことが生まれていない。
幼い頃から、 もともと繋がっていた方がいいはずなのに、なぜか繋がっていないこと。 もっと仲良くしていれば何かができるのに、なぜかお互いを理解できないこと。
「なんで繋がってないの?」
何かと何かに境界線が存在するという概念が理解できづらかった私は、 小さなことから大きなことまで、 そのふたつの間にある境界線が生み出す何かをなんとか解決したくてしょうがなかった。
大陸と大陸の間を繋ぐ海、 そこで常に止まらずに動き続ける波のようにありたいなと 昔から想像に浸っていました。
気づいたら、国と国をコミュニケーションで繋ぎたいと Aalto(フィンランド語で波)という会社を創ることになり、 今に至っているわけでもあります。

最近は、仕事で担当するクライアントの事業や製品が、 最終的に、世界に何をもたらしていくのか、 ひとつひとつの案件ごとに改めて考えることが多くあります。

特に、テクノロジーの領域のプロジェクトも多い中で、 そのテクノロジーが何を変え、 人にどのような影響を与え、その結果、 社会、世界がどうなっていくのか、 果たして、それは持続的な世界に繋がるものなのかどうか。

日本と海外を繋ぐ役割を担って生きるなかで、 発信するという行動から生み出す世界への影響力の責任感を感じつつ、
また同時に、私たちが繋ぐ役割を担うことで、 世界に、今までになかった新しい出会いや機会、影響を生み出すということを 忘れずに、日々取り組み続けたいと思っています。

-
Mariko Fukui 海外メディア戦略 / コンサルタント PR会社、海外事業会社などを経て、ヨーロッパと日本を拠点に、日本企業の海外情報発信の戦略構築や人材育成のコンサルタントをしています。海外メディア広告、PR、海外展示会など、主…